FC2ブログ
趣味の車やスキー、パソコン、自宅のリフォーム等その中での改造や製作記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヤスリとボーダーカッター!自作しよう?

先日、UPするのを忘れていたこの記事「スキー板の修理!ソールの傷を直す」この記事をUPする時、まだ他にもUPしていない記事が見つかったのでとりあえず・・・

以前「katsu さん」がブログで紹介していた、北岡ヤスりを購入した。
早速使ってみると、確かに切れる!
セットになっているのだが、荒い物は非常に良く切れて、細かい物は綺麗に仕上がると言う感じである。

yasuri_kisagi-1A_c.jpg


しかし板を数セット研磨していると、息子のSL板がやけに切れが悪い!
どうしてかとヤスりを見ると、ボーダーの部分の樹脂が付いてヤスりの目が埋まってしまっている。

この板のボーダー巾が妙に大きい、2ミリ以上あるのだ。
その為にヤスりが目詰まりしてしまって、削り難くなっていた。

以前から、ボーダーカッターが欲しいと思っていたのだが結構高額で、自作でもしようかと思っていた。
しかし今作っている暇は無いので、何か代用できる物は無いかと見渡すと、会社でいつも使っている「バリ取り」用の刃物が目に入った。

yasuri_kisagi-3_c.jpg


これは鉄切り用の手ノコの折れた刃で作った物なのだが、結構役に立つ!

適当な形にして、端面を直角にグラインダーで研いだだけの物である。
なので、一応刃物と書いたが実際は刃は付いていない?
(ナイフのように片側や両側から尖らせていない)

yasuri_kisagi-4_c.jpg


この刃物を45度程傾けて、位置がずれないよう板の裏側に指を引っ掛けて押すか引くだけである。
(上画像は右から左へ押している)
これが結構切れるのである。

但し、慣れないと非常に難しい!
綺麗にシュルシュルと長い糸状にならず、引っ掛かるだけなのだ。
コツを掴めばかなり自由にどこにでも使えるので、結構都合が良い。

そしてもっと問題の板が・・・

yasuri_kisagi-5_c.jpg


昨シーズンが終わってから、チューンナップにも出したカミサンのアトミックだが、その前(違う所)のチューンナップの時の機械仕上げにより、逆エッジになっていたようなのだ。

直したらしいのだが、あまりにも酷くて直りきらない部分があったらしい?
この板はキャップ構造で、エッジの上側までトップシートが回り込んでいる為、ボーダー部分がFRP系の硬い物になっている。

yasuri_kisagi-6_c.jpg


しかしそんな事はなんのその・・・自作の刃物は良く切れて、エッジより簡単に低くする事が出来た。
なので早速エッジを研磨してみる。

分かり難いがエッジをマジックで塗り、以前の角度と削れ方の違いを見ながら削ってみた結果、やはり逆になっているか角度が小さめな部分があった。
しかし簡単に終了!

私のやる事は全て・・・少し職人的だったりマニアックだったりと、皆さんに「どうぞやってみて」とは言えないけれど、こんなやり方もあります程度に、参考にして下さい。


ブログランキングに ポチッとな!
スポンサーサイト
リンク広告
長野県塩尻市の情報サイト
 画像をクリックでジャンプ!!
プロフィール

たっくん

Author:たっくん
出来る事は何でもやってみるのが大好きです。
ジャンク物があるとつい触手が・・・。



   ランキングにご協力を!

検索フォーム
メールフォーム
連絡は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。