趣味の車やスキー、パソコン、自宅のリフォーム等その中での改造や製作記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

無線機のBluetooth接続!IC-DPR6-2

先日の「久しぶりにPICのお勉強?」で、他の方のプログラムを解析して勉強していたのは・・・
以前、無線機をBT接続する為に改造し掛けで終わっていた、BTAG-Ⅱをスリープ状態にしない為の装置?プログラムでした。

スリープ状態にしない為には、ずーっと繋がった状態(音声信号が入っている状態)を作れば良い?
以前のテストで、無音の状態が45秒程続くとBTAG-Ⅱがスリープ状態になり、接続が解除されてしまう事が分かったので、30秒程に1回音が出るプログラムを作り、スピーカー信号に乗せる事にした。

BT-OK-1_c.jpg


プログラムの方はあまり得意とは言えないので、そちらは専門の方のブログを見てくれ。

適当に高い音や低い音、音階を変えて作った音をテストをしたが、結局は聞こえる音で無いとBTAG-Ⅱがやはりスリープしてしまう。
特に低い音はカットされるようだ、雑音と同じと言う事だろう。
後はある程度聞き苦しくない音を作り、30秒間隔で鳴るようにしたプログラムをテストをした。

画像ではスピーカーも付いているが、音の確認をしただけでBTAG-Ⅱに取り付ける時点で、実際は取り外してある。
一応テストは問題なかったので、次にDPR6のスピーカー信号とミックスする。

BT-OK-2_c.jpg


そのまま繋ぐと電流が逆流して、無線機を壊す可能性がある。
そこで、オペアンプに入力するのと同じように、無線機側とPIC側両方に、コンデンサーと抵抗をBTAG-Ⅱの入力手前に取り付ける。
PIC側には10kΩの可変抵抗も付けて、音の大きさを調整しようと思ったのだが、これでもまだ少し大きめの音だ。
仕方なく、PIC側にはもっと大きめの抵抗を取り付け完了。
そして無線機側は少し音が悪くなったような?
ここまでは片方ずつのテストだった。

そしていよいよ一緒に電源を入れて、混合して入力を・・・

BT-OK-3_c.jpg


結果は大成功!!

元々無線機側のレベルの方が大きいので、PIC側の音はあまり気にならず、無線の応答をしている時には全然分からない。
その割には30秒に1回鳴るのは分かるので、もう少し入力レベルを落としてみよう。
音が鳴っていると繋がっているのが分かると言う利点もあるので、あまりレベルを落としすぎるのもな?

とりあえず3時間ほどそのままにして、たまに無線機も動作してみるが、何の問題も無く接続していた。
後はこの回路を小さくしてBTAG-Ⅱのケースの中に埋めようと思う!

その後、部品点数を減らす為と小さい部品にする為に、かなり変更をしたので又次回!


ブログランキングに ポチッとな!
スポンサーサイト
リンク広告
長野県塩尻市の情報サイト
 画像をクリックでジャンプ!!
プロフィール

たっくん

Author:たっくん
出来る事は何でもやってみるのが大好きです。
ジャンク物があるとつい触手が・・・。



   ランキングにご協力を!

検索フォーム
メールフォーム
連絡は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。